小麦アレルギーの原因は?アレルギーは大人になっても発症する。手荒れに注意!

食べ物のアレルギーって子供に多いって思っていませんか?

大人でも発症することがあるんです。

昨日まで普通に食べていたのに、突然アレルギー症状がでてしまう。

最近、原因の一つとして注目されているのが「食べ物の触りすぎ」です。

アレルギーを起こさないためにも、知っていてほしいことです。

大人が発症すると治らない可能性が高い

食べ物アレルギーは皮膚のかゆみ、口の中・のどのイガイガ、かゆみ、くしゃみ、鼻水、息苦しい、呼吸困難、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が起きます。

子供のころの発症が多く、0〜1歳が80%。年齢が上がるとともに治っていくことが多いが、大人でも突然発症します。

発症する年齢が高いほど治りにくく、大人で発症すると完治しない可能性が高いんです。

さわりすぎが原因

食物アレルギーの原因のひとつとして、最近jよく言われているのが食べ物の触りすぎが原因ということ。

 なかでも、肌荒れや湿疹がひどい状態で食べ物をさわり続けることはとても危険です。

健康な皮膚にアレルゲンが触れても心配はないけれど、問題は肌荒れや湿疹があるところに原因となる食べ物が触れ続けると、アレルギー発症のきっかけとなってしまう

予防法は保湿をして肌を健康に保つ

以前はアレルギーがあって、皮膚が荒れると思われていましたが、最近では先にカサカサ肌あって、そのバリア機能が弱くなった肌でアレルギーが起こると考えられています。 

そのため、保湿をして肌のバリア機能を高めることがとても大切です。

肌をいい状態に保って、食物アレルギーを引き起こさないようにしたいです。

大切なのは保湿です。

クリームなどでケアしましょうね。

湿疹がある場合は、皮膚科を受診してはやめに治しましょう。

私の場合

私は考えてみると10年近く前から小麦粉にたずさわる仕事をしています。

最初はパン屋でアルバイトをはじめて、その後ラーメン屋では8年くらい働いています。

 

手湿疹がひどく、夏でも手荒れはしていました。

その状態で、小麦粉のついた麺をさわり続けたことがいけなかったのかなと思っています。

 

わたしは自分が小麦アレルギーになってから、アレルギーのことを調べたり聞くようになってこのことを知りました。

 

もっとはやく知っていれば手袋などして、予防しようと思ったかもしれません。

 

そして、アレルギーのことも無知でした。

アレルギーで苦しんでいる人がいること。

少しのアレルゲンでも命にかかわることがあること。

なにも知らないし、関心がなかった。

食べ物を扱うお店の人にももっとアレルギーを知ってもらいたい

わたしが感じるのは、飲食店の店員さんがほとんどアレルギーのことを知らない、知ろうとしていないこと

アレルギー表示があるメニューを扱っているお店でも、店員さんはほとんど知らない。

だから、「だいじょうぶです」って言われても、怖くて食べれない。

 

わたしにとって外食は、とてもハードルが高くて緊張する。

迷ったら食べない選択をする。

 

わたしも飲食店で働いているから、アレルゲンを完全に除去することが難しいことはとてもよくわかります。

 

アレルギーを持っていてもたのしんで食事をしたい

そのためにお店に足を運んだんです。

 

少しでもアレルギーのことに興味を持ってもらえるお店が増えるとうれしいなと思います。

naco
主婦の方、食べ物を扱う仕事の方は特に保湿がだいじですよ〜
合わせて読みたい

>>>【小麦アレルギー】大人になってから発症した、私の症状
>>>ラーメン屋で働くわたしが、小麦アレルギーと気付いたきっかけ
>>>小麦を食べてアナフィラキシーを起こして入院した私の話【その1】