知ってた?甘酒って2種類あるって!

甘酒って飲んだことありますよね。

わたしもお正月に神社に参拝に行った時に大きい鍋でグツグツしてるのをいただいたりして飲んだことはありますが、

そんなにおいしいとか思ったことがなく、

むしろ甘ったるくて苦手でした。

 

でも「おいしい!!」って感じる甘酒に初めて出会って

知らなかった甘酒の事実を知りました。

 

デパ地下で試飲した甘酒

お手土産を買いにデパートの地下へ行った時、

おばちゃんに甘酒の試飲を勧められた。

わたしは小麦アレルギー。

何が入っているかわからないから、基本試食はしない。

 

でも「お米と米麹しか使ってないわよ」の言葉に急に惹かれ

「麹?」と反応してしまった。

最近、発酵食品に興味があるのだ。

 

もらって飲んでみたら、びっくり

「おいしい!」

今まで飲んだ甘酒と全然ちがった。

お酒の匂いがしないし、甘すぎない。

何だろうこれって思った。

 

もちろん、買っちゃいました。

『糀屋三左衛門のあま酒』

IMG EFE4AB21940B 1

甘酒の原材料:米、米麹 のみ

甘酒には2種類あって、

原料が

お米と米麹のもの、

酒粕のものとあるらしい。

 

今まで飲んだことがあるのは、酒粕の方だったんだ。

 

今回買ったのは、

お米と米麹のみのもの。

砂糖も使われていないのに、甘い。

でも後にひく甘さじゃない、やさしい甘さ。

 

【お米が本来持っている甘さを糀のちからで引き出しました】

って書いてある。

この甘さは、お米の甘さなんだー。

 

じぶん麹ブーム到来!

麹にますます興味が出て、

じぶんの中で麹ブームがきてる。

 

塩麹も買ってみた。

甘酒も玄米の甘酒を見つけたから買ってみた。

 

発酵のこともっと勉強したいな。

とりあえず、小倉ヒラクさんの「発酵文化人類学」を読んでみよう。