カロリー比較【SOYJOY ソイジョイ】はグルテンフリーで低糖質!

スポンサーリンク

ソイジョイは小麦アレルギーの救世主と思う小麦アレルギー歴3年のnacoです。

大人になってから小麦アレルギーになった人や、グルテンフリーを始めた人は、はじめなにを食べたらいいかわからないですよね。

今まで、お腹が空いたなと思ったときに食べていた菓子パンやドーナツ、クッキーなどは食べられない。

コンビニのおにぎりもほとんど食べられない。

 

3年前にわたしが小麦アレルギーになったばかりのころ、いつも食べていたのがソイジョイでした。

↓グルテンフリーの説明はこちらの記事で読んで見てください。
グルテンフリーとは、ダイエット?健康?アレルギー?どんな効果があるの?

ソイジョイSOYJOYはおいしいグルテンフリー

 

ソイジョイは、大塚製薬から出ている個包装の大豆バーです。

小麦粉をいっさい使わず大豆粉を使用したグルテンフリー食品で、小麦アレルギーでも安心です。

大豆粉にフルーツやナッツをぎっしりつめこんで焼き上げたしっとりした食感です。

食べやすくておいしいです。

コンビニで買える手軽さと、食べやすさも魅力。

小麦粉は使用しておりません。 また、SOYJOYの製造工場内で、小麦粉を使用した他製品は製造しておりません。 SOYJOYは小麦粉を使用せず、大豆をまるごと※大豆粉にしたベースに、フルーツやナッツ、チョコレートなどの素材をたっぷり練りこんで焼き上げた、新しいタイプの栄養食品です。  

引用:SOYJOY公式HP

フルーツやチョコなど種類が豊富

全部で12種類。


出典:大塚製薬

フルーツ系
  • ブルーベリー
  • ストロベリー
  • 2種のアップル
  • 3種のレーズン  
ナッツ系
  • アーモンド&チョコレート
  • ピーナッツ
クリスピー
  • ホワイトマカダミア
  • プレーン
  • ミックスベリー
  • ゴールデンべりー
  • バナナ
  • ピーチ ※2018年6月18日に新発売
しっとり食感でナッツやフルーツがぎっしり入っていて食べた感があります。

種類が豊富なので、味によって気分を変えて食べることができるのもうれしい。

ソイジョイクリスピーは大豆パフがサクサク

わたしのおすすめは、「ソイジョイクリスピー

大豆パフのサクサク食感がふつうのソイジョイとちがいます。

大豆パフがちゃんとクリスピーしてる。

ソイジョイのここがすごい

ソイジョイは小麦粉を使用していません

なので、小麦アレルギーのわたしも食べることができます。

 

大豆をまるごと粉にした生地に、ナッツやドライフルーツがたっぷり入っています。

サクサクした食感というよりも、ちょっとしっとりとしています。

 

なんと!!ソイジョイ1本で、大豆35粒分の栄養が摂れちゃうんですよ。

SOY JOYは大豆タンパク質が豊富

タンパク質には動物性タンパク質植物性タンパク質があります。

肉や魚、乳製品、卵などが動物性です。

大豆のタンパク質は植物性で、さまざまな効果があります。

  • 栄養価が高い
  • 吸収率が高い
  • ゆっくり吸収されるので腹持ちがいい

他にも、

  • リラックス効果
  • 筋力アップ
  • 集中力の維持
  • ダイエット効果

なども言われています。

naco
大豆タンパク質ってすごいんですね

ソイジョイの成分

調べてみたら、ソイジョイのカロリーはフレーバーによって変わりますが、1本あたり115kcal〜146kcalでした。

 エネルギータンパク質脂質炭水化物糖質食物繊維
kcalggggg
ブルーベリー1354.47.6 10.74
ストロベリー1334.37.3 10.74.4
2種のアップル1344.87.114.611.13.5
3種のレーズン1334.57.314.610.83.8
アーモンド&チョコレート1465.49.9 7.14.7
ピーナッツ1446.59.5 6.74.1
クリスピー
ホワイトマカダミア
1336.29.17.85.91.9
クリスピー
プレーン
1236.47.39.17.12
クリスピー
ミックスベリー
11966.79.87.82
クリスピー
バナナ
1155.96.69.77.12.6
クリスピー
ピーチ
1196.26.99.67.32.3

低GI食品のソイジョイ

低GI食品とは
GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略。
食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値でGI値が低いほど、糖質の吸収がおだやかで太りにくいと言われています。
GI値が55以下の食品は「低GI食品」と呼ばれており、SOYJOYは全アイテムが「低GI食品」であることを確認しています。

引用:大塚製薬

ソイジョイの糖質量は1本あたり10g程度です。

同じエネルギーのお菓子やパンと比べると格段に低い数値です。

 

GI値が高いほど糖質の吸収が早く、低いほど糖質の吸収が穏やかで太りにくいそうです。

糖質を気にされている方にもおすすめのソイジョイですね。

【感想】小麦アレルギーの人に安心ソイジョイ

    • 小麦が使われてないので、安心して食べることができる
    • 大豆パワーで健康効果もある
    • 外出先でちょっとお腹がすいたとき、コンビニや薬局で手に入る
    • いざという時のために、カバンにいれておける
    • 味の種類が豊富で飽きない
    • たまに「クッキーとか食べたいな」と思ったときにこころを癒してくれる

わたしは食べるものがないときは、とりあえずソイジョイです。
手軽に買うことができて、手軽に食べられる、とっても便利です。

【追記】新フレーバー「ピーチ」が新発売!

ソイジョイクリスピーのピーチ味です。

また新しい味も加わって、うれしいですね。

  • まるごと大豆の栄養を手軽に美味し
  • く摂取できるSOYJOYブランドから新フレーバー「SOYJOY クリスピー ピーチ」を6月18日に新発売
  • パッと広がる華やかな白桃の香りとゴロッとした果肉感で、サクサクとした食感
  • すべて植物性原料の高タンパク・低GI食品で健康を気づかう方をサポート   引用:大塚製薬

naco
小麦アレルギーや、グルテンフリーしている人は鉄板ですよ!

↓コンビニで1本ずつ買うより、Amazonや楽天のまとめ買いが断然お得です。

 
合わせて読みたい

>>>【おうちで簡単】グルテンフリーな大豆粉と米粉の食事系パンケーキの作りかた
>>>豆乳で作る、無印良品の【自分で作る 米粉のパンケーキ】はしっとりおいしい
>>>グルテンフリー【コンビニのアイス編】小麦アレルギーの人が食べられるものまとめ

スポンサーリンク



小麦アレルギー
オンラインサロン
はじめました

わたしnacoといっしょに、小麦アレルギーのコミュニティをつくりませんか。