正論は正しいけれど、人を傷つける

スポンサーリンク

正しいことを言っているのに、きいてもらえない、受け入れてもらえない。

きょうは、お店で今起きている問題について考えたい。

 

正論は正しい、だが正論を武器にする奴は正しくない。

正論は正しいだが正論を武器にする奴は正しくない

『図書館戦争』より

彼女の行動をみていると、このことばをおもいだす。

 

お店のルール、やり方を守る

うちのお店では、みんなが「おなじやり方でやること」をたいせつにしている。

いろんなことのやり方が決まっている。

 

お店で社員としてはたらく彼女は、とても正義感のつよいまっすぐな子。

 

彼女は今、孤立している。

 

 

彼女の言うことは正しい。

でも、だれも彼女の言うことを聞いてくれない。

 

それでいつも摩擦がおきる。

 

正しい、でも正しくない

彼女の言っていることは正しい。

なのに、なぜ受け入れてもらえないんだろう?

 

そう考えたとき、あの図書館戦争のことばがおもい浮かぶ。

「正論は正しい、だが正論を武器にする奴は正しくない。」

 

正しいことを言っているのに、相手を傷つけている

 

「なんでやらないの?」

「私は正しいことを言っているのに、なんでわかってくれないの?」

「間違っているのは、あなた。」

 

ほんとうの目的は、正しいやり方でやってもらうこと。

でも結果、反発され、やってもらえない。

 

 

正しいことを言うとき、言う方は気持ちがいい。

でもストレートに「あなたはちがう」って言われたとき、言われた人はじぶんを否定された気がして悲しくなる。

そこに感情が入ってしまう。

そうなると、その人と話すことが嫌になり、その人自体も嫌になってしまう

 

正しいことを言っているのに、聞いてもらえなくなる。

正論を言っているのに、傷つけてしまっている

 

どうすればいい?

せっかく大切なことを言っても、相手が気分を悪くしたら伝えたいことが届かない。

正しいことであればあるほど、伝え方はすごくだいじ

 

否定からはいったら、だれでも嫌なきもちになる。

 

いいところを認め、いつもありがとうの気持ちをもって、やさしく伝えることができたらと思う。

寄り添うきもち

 

「やってね」って言い放つのではなく、

いっしょにがんばろう。

いっしょにかんがえよう。って寄り添って見守ることができるといい。

 

 

傷つけるのではなく、やさしさで包むように。

 

伝えることのむずかしさ

そして、これを彼女に伝えることもすごくむずかしい。

彼女も「みんなのため」「お店のため」とおもって一生懸命やっている。

 

彼女にもまた、「じぶんを否定された」ととらえられないように、

ことばをえらんで伝えないといけない。

 

 

そんなわたしも、どう伝えようかずっと考えている。

どう言えば伝わるのか、ずっと考えている。

 

彼女は苦しんでいる。

 

わたしは、彼女の笑顔が見たい。

 

 
 
スポンサーリンク



小麦アレルギー
オンラインサロン
はじめました

わたしnacoといっしょに、小麦アレルギーのコミュニティをつくりませんか。