ノック式マジック【マッキーノック】もうキャップは探さない

スポンサーリンク

ゼブラのマッキーにキャップレスのノック式があることを知っていますか?

わたしはお店で毎日つかっています。

 

マッキーのきついキャップを開けるストレスと、キャップを探すストレスがなくなりますよ。

 

ZEBRA (ゼブラ)マッキーノック

マッキーノックはマッキーと呼ばれ親しまれている「ハイマッキー」のノック式油性ペンです。

キャップを取る手間が省けて、ワンタッチで書くことができる夢のような商品です。

ノック部分

2センチくらい押し込みます。

 

マッキーノックの特徴

片手で使える

片手でノックして書けるので、何かを持ったままでもすぐに書くことができる。

キャップをなくしたり、探す必要がなくなる。

ちょうどよい太さ

ラインを引くにも、文字を書くにもちょうど良い太さ、1.0〜1.3mm。

スリムで携帯しやすい

ポケットに入れて携帯しやすい太さ。

クリップがついているので、ポケットにさしておけます。 

油性インク

プラスチックや金属にも書けて 、乾きがはやい、水に濡れてもにじみにくい。

裏うつりしやすいので、紙に書くときには気をつけないといけないです。

キャップがないのになぜ乾かない?

軸の中に「弁」が取り付けてあり、芯を収納すると自動的に弁が閉まってインクが乾かない構造です。

IMG 57A40EED0566 1

白い「弁」見えますか?

ノックすると、弁が持ち上がって芯が出てきます。

もう一度ノックすると、閉じます。

ノックはちょっと力がいる

ノック部分の長さ2センチくらいをカチっとなるまで押し込みます。

すこし力がいります。

逆に言うと、誤って芯がでてしまうことはないですよ。

マッキーノックは全5色

P yyss6

 

毎日つかっている私の感想

わたしは仕事で毎日つかっています。

他のノック式のマジックはノック部分がすぐに壊れてしまうので、わたしは壊れないマッキーがすき。

毎日何回もカチカチするけれど、ノック部分が壊れたことはいちどもないです。

 

ただ、芯の出しっ放しにはご注意を。

すぐに書けなくなってしまいます。

わたしはなんどもやっています…。

 

マッキーのキャップが硬くて開けづらいなって感じている方にも、使いやすくて便利ですよ。

こちらの記事もおすすめ

>>>マジックのキャップが開けやすくなる【マッキーキャップジャケット】登場!

>>>ゼブラ「マイルドライナーMILDLINER」やさしい色の蛍光ペンがおすすめ!

スポンサーリンク



小麦アレルギー
オンラインサロン
はじめました

わたしnacoといっしょに、小麦アレルギーのコミュニティをつくりませんか。