【感想】大人気のつくしペンケース、もう他のペンケースはつかえない(つくし文具店)

スポンサーリンク

つくし文具店ってご存知ですか?

Images
『つながるくらしとしごと』をテーマに、新しい時代の住宅街の文具店を目指す、東京・国立にある文具店。店番は日直制で、モノづくりやデザイン、小さなお店に興味のある人が自主的に参加するコミュニティースペースにもなっている。

 
 
http://www.tsu-ku-shi.net/

お店には行ったことないけれど、

HPを見ているだけでもこころときめく。

 

売っている文房具もどれも作っている人を想像したくなるような、

こころの込もった文具ばかり。

 

その中から、

機能もデザインもステキな【つくしペンケース】を紹介します。

【つくしペンケース】はとってもシンプル

つくしペンケースの魅力はシンプルなところ。

文字や絵が書いてあるわけでもなければ、キラキラしたものもついていない。

ペンケースだけれど、化粧品や小物入れにもつかえそう。

【つくしペンケース】はリネン素材

つくしペンケース リネン素材

リネン100%の帆布で作られている。

少し厚手でハリのあるこの素材は手触りもすごく良くって、何より丈夫。

色も薄いグレーのような感じで、着色や漂白もしてないような天然素材そのものの色です。

 

汚れたら、手洗いもできる。

 

スポンサーリンク

ファスナー全開!

つくしペンケース 開いたところ

ファスナーが、ペンケースの周りをぐるっと一周しているので、

好きなところから開けることもできるし、

ノートみたいに開くこともできる。

 

ファスナーの色が

黒、白、ブルーの3色あって、わたしはブルーをチョイス。

このファスナーがアクセントになって、かわいい。

 

【つくしペンケース】の中は帯が付いている

ペンケースを開くと、下はポケットのようになっていて、真ん中より上に帯がついている。

これがすごく便利。

ペンのクリップを挟むと移動しないので、

ごちゃごちゃしないし、取り出しやすい。

下のポケットには消しゴムやUSB、付箋なども入れることができる。

つくしペンケース 中身

いっぱい入るよ

ペンやマーカー、修正テープ、ハサミ、メモ帳、定規など

こんなにいっぱい入れてもちゃんとファスナーが閉まる。

 

文房具が大好きなわたしは、いつも重たいのにペンをいっぱい持ち歩いてしまう。

ガサゴソ探さなくても、使いたいペンがすぐに見つかる。

 

大好きなペンたちを並べて、ながめるとうれしい。

お気に入りのペンケースに、お気に入りのペンたち。

つくしペンケース 中身2

つくしペンケースの販売店

つくしペンケースは、大人気のため入手困難!

Amazonや楽天では売っていません。

 

お近くの取扱店で探してみてください。

>>>取扱店はこちら→

【つくしペンケースの感想】ながく使いたい

たぶん、もうペンケースは買わないと思う。

そのくらいのお気に入り。

 

わたしはずっとつかえるものがすき。

時間が経って、汚れたり傷ついても愛しさが増してくるものがすき。

 

このつくしペンケースはそんなペンケースだとおもう。

汚れたら洗って、でもちょっとマジックのシミが残ったり、ちょっとしわしわしたり、そんなどこにもないじぶんだけのオリジナルなペンケースにしたい。

これからどんどん使って、汚れたりしながらもいつもいっしょにいるペンケースにしたいとおもう。

 

ちょっとお値段高いけど、買ってよかった。

わたしの宝物。

つくし文具店の文房具の紹介

つくし文具店の商品は、心惹かれる文具が他にもたくさんある。

特にえんぴつキャップが、かわいくていいな。

合わせて読みたい

>>>【つくしペンケース】3ヶ月使ってみた私の使い方

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
つくしペンケース
Author Rating
51star1star1star1star1star
スポンサーリンク



小麦アレルギー
オンラインサロン
はじめました

わたしnacoといっしょに、小麦アレルギーのコミュニティをつくりませんか。