走ったことで、ネガティブな思いから抜けだせた

ひさしぶりにジョギングした。

ほんとうにひさしぶり。

でも、今日走ってよかった。

わたしはじぶんに勝った。

 

 

また今日も、ブログを書くモチベーションが下がっていた。

Ghost presenter 428321

 

つかれた

寝たい。

書くことない。

ブログを書くなんて、結局じぶんには合ってないんだ。

今日くらい書かなくていいじゃん。

あしたからまた書けばいいじゃん。

 

ネガティブなことばばかり頭の中をぐるぐるまわっていた。

書かない理由ばかりさがしていた。

 

 

また、じぶんに言い訳をならべていた。

だらだらと時間だけが過ぎていく。

 

このままではじぶんに負けてしまう。

 

Caroline hernandez 219453

 

気分を変えたかった。

ネガティブのなかにいるじぶんが嫌で、抜け出したかった。

 

そうだ!散歩しよう。

 

さむいから、コート着て、マフラーして、手袋して、iPhoneだけ持った。

 

歩き出してしばらくしたら、想い出した。

1年まえにジョギングをはじめたこと。

 

ジョギングをはじめたのも、じぶんを変えたかったから。

苦手なことにチャレンジしたかった。

1年後にはハーフマラソン、2年後にはフルマラソンにでる目標までたてたのに。

新しいお店がオープンして、時間がめちゃめちゃ不規則になっていつのまにか走るのをやめてしまった。

忙しい、時間がないを理由にやめてしまっていた。

 

歩きながら、ジョギングしていたときに使っていたRunkeeperというアプリを開いてみた。

ひさしぶりの感覚。

 

走っていたときの感覚がよみがえってきた。

聴いていた音楽、風景、想い。

 

走りたい!っておもった。

 

ジーンズでコート着てるけど、靴はいつものコンバースだけど、でも走りたい。

patagoniaのウェアとNikeのシューズがないから走れないって勝手におもっていた。

 

ずっと走ってないから、きっと走れない。

つかれたら歩いたっていいじゃん!

 

3.7kmを30分かけて歩いたり、走ったりした。

 

 

気持ちよかった。

 

 

わたしが「ブログを書く」ということをはじめたのは、じぶんを変えるため。

PCもiPhoneもろくに使いこなせないわたしのチャレンジ。

まいにち続けることがじぶんとの戦い。

 

走り終わった後、気持ちはすっきりしていた。

気持ちよかった。

 

ネガティブなこころはいなくなっていた。

Francesco gallarotti 2498

 

わたしはじぶんに勝って、こうしてブログを書いている。

 

つかれたときは、歩いてもいい。

でも、足をとめてはいけない。

ゆっくりでも歩こう。

いちどとめてしまった足はまた、おもいきって踏みださないといけなくなる。。

ゆっくりでもあるこう。

 

またきっと、今日は無理だって思う日があるとおもう。

でも、そんな日は今日のことを思い出そう。

 

 

こちらの記事もどうぞ>>じぶんに言い訳をならべるのはやめた