おしゃれなバッグインバッグ「デルフォニックスのインナーキャリング」おすすめの3つのポイント

カバンの中、ごちゃごちゃしててどこにあるのかガサゴソ探す。

カバンを変える時にいちいち小物を入れ替えるのが面倒。

 

そんなわたしとあなたにぴったりのポーチ。

【Delfonicsデルフォニックスのインナーキャリング】すごくいい。

 

デルフォニックス インナーキャリング

【DELFONICSデルフォニックス】とは?

DELFONICSは日本の文房具ブランド。

オリジナルの文房具とセレクトした文房具を扱うステーショナリーショップ。

シンプルでカラフルな「ステーショナリー」と呼ぶのがぴったりな文具たち。

どれも好み。

誰もがみたことあるんじゃないかな。

これもデルフォニックス。

DELFONICSのHPもおしゃれ。

『インナーキャリング』オススメの3つのポイント

  1. 14のポケットでいっぱい入る
  2. ファスナーで閉めることができる
  3. コットンのキャンパス地がおしゃれ

【その1】14のポケットでいっぱい入る

デルフォニックス 中身公開

わたしのインナーキャリングの中に入れているもの。

わたしは小麦アレルギーなので、いざという時のためのアレルギーの薬が多い。

あとはUSBやWi-Fi、充電器、イヤホンなどのこまかいもの。

あと小麦の使ってない醤油と塩はポーチに入れて。

ノート、ペン。

表側に7つのポケット

デルフォニックス 7つのポケット

大きめのポケットが2つ。

マチのあるポケットが2つ。

ペンホルダーが3つ。

中は4つのポケット

デルフォニックス 中ポケット

後ろには3つのポケット

デルフォニックス 後ろポケット

横幅いっぱいのマチのないポケットが1つ。

その手前に中と小のマチのないポケットが1つずつ。

 

ポケット多すぎて、どこに入れたかわからなくなるくらい。

わたしは、よく使うものはを外ポケットに入れている。

【その2】ファスナーで閉めることができる

よくあるバッグインバッグは出しやすさを追求して、口の部分がぱっかり開いているものが多いけれど、これはファスナーが閉まるので中のものが飛び出さない!

 

逆に開けたままでも使える。

【その3】コットンのキャンパス地がおしゃれ

デルフォニックス タグ

コットンの手触りが大好き。

もう何年も使っているので、色も褪せてきてるけどそれもいい。

 

タグがついていてサイズが書いてあるけれど、今はMサイズでも少し大きさが違う仕様になっているみたい。

サイズ :横265×高さ184×奥行65mm

仕様  :15ポケット/A5サイズ、厚さ50mm程度収納可能

『インナーキャリング』をずっと使っているわたしの感想

カバンを入れ替えるときが、本当に便利

これとお財布、携帯を入れ替えればまず忘れ物はない。

いつもカバンに入っているものだからお気に入りの素材や色をチョイスしてずっと長く使いたい。

 

このデルフォニックスのインナーキャリングは、素材も色も大きさも選べるからホントにオススメ!!

サイズも素材も色々あるよ。

▼わたしが使っているサイズ

 

▼小さいサイズ。Macのコードやマウスを入れるのにちょうど良さそう

 

▼ 少し大きめで、素材がメッシュ。

 

 ▼15インチのPCが入る。
naco
いろんな素材と色があって迷っちゃうけれど、自分にぴったりのお気に入りが見つかるといいな。
合わせて読みたい

>>>【感想】大人気のつくしペンケース、もう他のペンケースはつかえない(つくし文具店
>>>手帳選びで迷ってるあなたにオススメする【トラベラーズノート】