【バスチー】小麦入りと小麦無しの2種類の違いはコンタミネーションだった

スポンサーリンク

コンビニでおいしいチーズケーキを買える、グルテンフリーのケーキが買えることがすごくうれしい小麦アレルギーのnacoです。

 

ローソン【バスチー】は小麦を含む商品と、小麦無しの商品があります。

パッケージもほぼ同じなので、小麦アレルギーの人にとってはとても危険だなって思います。

2種類存在する【バスチー】の前回書いた記事はこちらから↓

>>>【小麦アレルギー注意!】ローソンのバスチーは小麦入りと小麦なしの2種類が存在する

 

ローソンさんに、【バスチー】の2種類の違いについて質問しました。

わたしが最初にお客様相談室に電話したのが3月30日、なかなか回答をいただけなくて、2回目の電話をしたのが4月5日。

もう一度確認しますと言われてから、10日以上経った今日4月16日にやっと回答をもらえました。

 

なぜ同じパッケージの商品で小麦入りと無しがあると危険なのか?

 

小麦アレルギーのわたしは、食べ物を買うときに必ず原材料表示を確認します。

 

  • アレルギー表示の有無
  • 原材料に小麦が使われていないか
  • 原材料に小麦由来のものが使われていないか
  • 小麦製品と同じ製造ラインでつくられているのか
 
などを、確認します。
 
 
 
だったら、毎回確認するからいいじゃんって思われがちですが、
 
 
この商品は小麦を使っていないとわかれば、次からは毎回確認せずに買ってしまうことがほとんどです。
 
商品によっては急に原材料が変わることもあるので、本来は毎回確認しないといけないんです。
 
でも実際は食べられる商品だと知ったら、安心して手にとってしまうことがほとんどです。
 
 
なので、同じパッケージの商品で小麦入りと小麦無しが存在した場合、どうなるのかというと。
 
 

小麦入りをはじめに手にとった場合

「小麦入ってるんだ、やっぱりね」と思って棚に戻す。
 そして、自分には関係のない食べ物と思い、二度と手に取ることはない

 
naco
食べられる【バスチー】もあるのに残念!
 

小麦無しを最初に手にとった場合

このパターンがとても危険です。
「やった〜、小麦が使われてない!!」→買って食べる。→「おいしかった〜、また食べたい」
 
そして、原材料を確認せずに小麦入りを購入。
ということになりかねません。
 
小麦アレルギーやセリアック病で小麦を食べられない人の中には、微量でも体調を悪くしたりアナフィラキシーというショック症状を起こして命に関わる人もいます。
 
同じパッケージで、小麦を含むものと小麦無しのものが混在すると、本当に危険です。

naco
知らずに買っちゃったら、本当に怖いね!

ローソンのお客様相談室に製造元が2種類の【バスチー】について質問

ローソンさん発表によると、違う工場で作られた2種類のバスチー は、同じ材料、同じ製造方法で作っていると言われています。

 

でも、2種類の原材料表示をくらべてみると原材料が違います。

ローソンの【バスチー】の原材料のちがい

 

ローソンさんのお客様相談室に確認してみました。

 

  • 原材料は同じなのか?
  • 同じ商品で、小麦入りと小麦無しの違いはなにか?
  • 1つのローソンで2種類の製造者の商品を置くのはなぜか? 
 
という質問をしました。
 
 
 

ローソンさんの回答は

  • どの工場も同じ材料を使っている
  • 山崎製パン工場では製造過程のコンタミネーションで、10μg/g(=10ppm)以上の小麦タンパクが検出されたので(原材料の一部に小麦を含む)と記載
  • 製造量確保のため、2つの工場で製造。
  • 加工でんぷんなども小麦由来のものは使っていない

 

との回答でした。

 

 

ローソンさんの回答をまとめると
  • どちらの【バスチー】も原材料は同じで、小麦や小麦由来のものは使っていない。
  • 山崎製パン製造は1gあたり10ppm以上の小麦タンパクが含まれている。

 

 

ただし、小麦無しのバスチーも同じ工場内で、小麦を含む製品を製造しています。

ごく微量の小麦にも反応してしまう方は注意してくださいね。

 

小麦アレルギーのわたしからローソンさんへ

 

回答をいただくのに、最初に電話した日から2週間以上経ってからのお返事で、正直にいうと残念な気持ちになりました。

 

もちろん、きちんと調べてから回答したいということもあると思います。

それにしても、毎日待っているわたしにはとても長く感じました。

 

そして、回答すべてが『工場に確認したところ』というのが気になりました。

ローソンさんが工場に製造を依頼しているはず。

原材料は同じなのか、2つの工場の違いは何なのか把握しているはずです。

回答はすべて『工場が・・・』それが、とても残念です。

 

でも、お客様相談室の担当の方は、とても丁寧で誠意ある対応をしていただきました。

 

わたしは、小麦アレルギーが同じパッケージの商品で小麦入りと小麦無しがあると、とても危険なんだということを説明したときもきちんと聞いてくれ、その通りだと思いますと言ってくださいました。

 

そして、それを回避するためになんでもかんでも【小麦を含む】と書かれても、それもとても残念なことだということも話しました。

 

 

小麦を食べられないわたしたちにとって、コンビニで買えるスイーツはとても貴重です。

 

アレルギー専門やグルテンフリーのスイーツ店に行かなければ既製品のケーキはほぼ手に入りません。

 

コンビニで手軽に買えるということが、小麦アレルギーにとってどれだけうれしいことなのかということも伝えました。

 

naco
想いを語りすぎて泣いちゃいそうだったよ〜

 

お客様相談室の方は、ローソンの会社にわたしのこの意見を伝えてくれると言ってくれました。

伝わるといいなって思います。

 

たくさんの情報を、ありがとうございます

 

SNSをつかって、全国の情報を教えてほしいとお願いしたところ、たくさんの情報をいただきました。

写真を送ってくださった方、製造工場を教えてくださった方、買いやすい時間を教えてくださった方、みなさんありがとうございます。

 

全国的に、やはり2つの工場で作っています。

小麦無しの方の工場は地域によって違いますが、原材料はわたしが写真などで確認したものはいっしょでした。

 

「全然買えない」っていっしょに悲しんだり、「小麦無しを買えた!」って教えてくれていっしょによろこんだりもしました。

 

まだ、小麦無しが買えてない方、はやく見つかるといいですね。

 

naco
店舗によって違うとは思うけど、狙い目は早朝と夕方が買える確率が高いとおもうよ!

 

実際に小麦アレルギークラス6のわたしが【バスチー】小麦無しを食べてみました

【バスチー】人気がすごくて、わたしもしばらくの間小麦無しを買うことができませんでした。

最初に買った時は、小麦入りも小麦無しも怖くて食べられませんでした。

 

なので、リベンジ!「小麦無しを食べてみよう」と思ったけれど、なかなか見つかりません。

小麦無しは無くなってしまったのかと思ったほどでした。

 

でも、ついに買えました!!

ローソンのバスチー の小麦無し

 

濃厚で、クリームチーズをそのままたべているような感じでほろ苦さもあります。

人気なのは納得です。

めちゃめちゃおいしいです。

小さいけれど、1つ食べたら大満足です。

 

わたしが食べたのは、株式会社フレシュールさん製造の小麦の記載のない【バスチー】です。

株式会社フレシュール製造のバスチー

クラス6の小麦アレルギーのわたしは食べてもだいじょうぶでした。

 

 

ローソンの【バスチー】小麦入り無しの2種類のまとめ

わたしがこの同じパッケージの2種類の【バスチー】問題のことで、できたことは以上です。

 

ブログ、TwitterインスタLINEをつかって【バスチー】に、小麦入りと小麦無しがあると伝えてきました。

 

小麦無しのチーズケーキがコンビニで買えるということ。

小麦を含む同じパッケージのものも存在するので、毎回原材料を確認してから買うということ。

 

小麦アレルギーや小麦を食べられない人やお子さん、たくさんの人にこのことが届いてほしいと思います。

 

アレルギーや病気などで小麦を食べられない人がいるということを知ってもらうこと、そして小麦を食べられない人たちが手軽に食べられるものを手に入れることができるように世の中が変わっていくことを本当に願います。

 

食品を扱う飲食店や企業の方にも、もっともっと知ってほしいと思います。

 

そして、そのためにわたしはわたしのできることをしていきたいと思っています。

 

 
【小麦アレルギー注意!】ローソンのバスチーは小麦入りと小麦なしの2種類が存在する

【小麦アレルギー注意!】ローソンのバスチーは小麦入りと小麦なしの2種類が存在する

2019年4月5日

 

スポンサーリンク



小麦アレルギー
オンラインサロン
はじめました

わたしnacoといっしょに、小麦アレルギーのコミュニティをつくりませんか。